俳優イ・テファンが11日最後の放送を控えKBS2週末ドラマ『黄金色の私の人生』(脚本ソ・ヒョンギョン、演出キム・ヒョンソク)の台本認証写真と一緒に放送終了の感想を明らかにした。

今日午前ファンタジオ公式Instagramにて『黄金色の私の人生』最終回の台本を持つイ・テファンの姿と一緒に放送終了の感想が掲載された。イ・テファンは「初撮影が一昨日のようで、いつの間にか8ヶ月という時間が過ぎ、放送終了が目前となっている」とし「まだドラマが終わるのが実感できませんが、これからは僕の人生、またもう一人の友達ソン・ウヒョクを手放さなければならないようです」と作品とキャラクターを送り出す名残惜しさを表した。

「長い時間、一緒に泣いて笑った監督、作家、スタッフの方々、先輩俳優の方々と今まで『黄金色の私の人生』と僕ソン・ウヒョクを愛してくださった方々に心より感謝いたします。すべての方々のおかげで僕も本当の‘黄金色の私の人生’を感じることができました。」と感謝の言葉を伝えた。続いて「一日でも早く新しい姿でお会いできるよう僕も一生懸命頑張ります。たくさんの愛と応援をお願いします。」と今後の決意を述べた。

『黄金色の私の人生』にてイ・テファンは青年実業家ソン・ウヒョクを演じた。仕事に関しては、堂々としていてカリスマ溢れるプロだが、周囲の人には‘理解のアイコン’として柔らかい魅力を発散し、存在感を見せつけた。

特に、イ・テファンはシン・ヘソンの‘ロマン男友達’であり、ソ・ウンスの‘ロマンティック彼氏’として女心を揺さぶった。女性たちの夢見たファンタジーを満たし、視聴者たちへロマンティックな週末をプレゼントした彼に連日視聴者たちの熱い好評が続いた。

一方、ソン・ウヒョクとして週末の夜視聴者たちの心を掴み、熱演を繰り広げたイ・テファンが出演するKBS2週末ドラマ『黄金色の私の人生』は今日夜7時55分、52話を最後にの幕を下ろす。

出処:OSEN