俳優コンミョンがKBS新水木ドラマ『死んでもいい(原題)』の出演を確定、4次元のお坊ちゃま代理カン・ジュノとして戻ってくる。

KBS新水木ドラマ『死んでもいい(原題)』は、傍若無人ベク・ジンサン(カン・ジファン扮)チーム長と、彼を改過遷善させたいイ・ルダ(ベク・ジニ扮)代理のドタバタオフィス激戦期を描いた作品だ。

コンミョンは劇中、開発チームの代理だが、知ってみると社長の甥、お坊ちゃまカン・ジュノ役に扮する。 “社内の人気スター”で、ビジュアルはもちろん、図々しい性格と感嘆を醸し出し4次元な面まで加わり、愉快さが爆発、本格的な魅力の塊の姿を誇る。

毎作品ごとに温かみのある魅力を披露してきたコンミョンは今回のドラマで、開き直りや余裕のあるマインドで世の中を生きるクールガイとして登場、代替不可の女心スティラーとして完璧に位置づけられる予定だ。 さらに、日々をなあなあに生きてきた彼が、イ・ルダと過ごすことで予測不可能のオフィスケミ(相性)を披露する。

『死んでもいい(原題)』は悪徳上司の更生期を愉快に描き、“2015年今日の漫画賞”を受賞した、同名のDaumウェブトゥーンを原作として、放送前から話題を集めている作品だ。 しっかりとしたストーリーをもとに、どの会社にもいるような悪徳上司と職場の人たちの話を一層生き生きと見せながら、視聴者たちに深い共感と楽しみを与える予定であり、独歩的なオフィスジャンルの誕生を予告している。

『死んでもいい(原題)』はドラマ『ソ理事とキム課長~Bravo! Your Life~』のプロデューサーと『町の弁護士チョ・ドゥルホ』で共同演出を担当したイ・ウンジン監督がメガホンを取った。 カン・ジファン、ベク・ジニ、パク・ソルミに、イン・ギョジン、イ・ビョンジュン、リュ・ヒョンギョン、キム・ミンジェ、チョ・ハンチョル、ソ・ジョンヨンなど、しっかりしたラインナップを完成、KBSの信じて観られるオフィスドラマに選ばれ、『今日の探偵(原題)』後続として初放送を控えている。


出処:XPORTSNEWS