KBS新水木ドラマ『死んでもいい(原題)』俳優コンミョンのふてぶてしい美しさ溢れる‘4次元の魅力富豪’への変身を予告するポスター撮影ビハインド写真を公開した。

公開された写真でコンミョンは、キーボードを小道具として遊び心溢れる多様なポーズを演出するのが印象的だ。キーボードを持ちいかにも深刻な雰囲気でカメラを凝視したかと思えば、たちまち図々しい眼差しへと変わり見るものの視線を虜にした。

コンミョンは『死んでもいい(原題)』で、お金も、心も図々しさも生まれ持ったとんでもない魅力の‘4次元の魅力富豪’カン・ジュノを演じる。知ってみると社長の甥でお坊ちゃまのカン・ジュノは、品のある外見とファッショナブルな服装、優しく余裕のある態度でみんなと親しく社内の人気者だ。真剣なことは体質的に合わなかった彼が、偶然社内の噂が広まっている原理原則主義者のペク・ジンサン(カン・ジファン)を相手に反撃するイ・ルダ(ペク・ジニ)の姿を見て好奇心を抱き、孤軍奮闘する彼女のそばで見守る愉快な‘直進黒騎士’になり女心を揺さぶる予定だ。

一方、2017年活発な作品活動で忙しい一年を過ごしたコンミョンは、2018年イ・ビョンホン監督の新作映画『極限の職業(原題)』の撮影と、二回目の日本単独ファンミーティングまで成功的に終え熱心に仕事をしてきた。続いて2018年最後の作品として『死んでもいい(原題)』に出演を決定し、演技変身を予告し期待を集めている。

KBS『死んでもいい(原題)』は7日午後10時KBS2にて放送される。


出処:韓国日報