俳優コンミョンが、覇気と情熱いっぱいの熱血新入社員の魅力を醸し出した。

先日16日にJTBC金土ドラマ『メロが体質(原題)』にて、ドラマ制作会社マーケティングチーム新入社員'チュ・ジェフン'役を務めるコンミョンがまっすぐな情熱を披露し視聴者たちを魅了した。

この日の放送では、ジェフンが初対面で断られたドヨン(キム・ドヨン)のチキンPPLを成功させるため孤軍奮闘する姿が描かれた。ジェフンはファン・ハンジュ(ハン・ジウン)と共に、ドヨンに付いて回り、煩わしくも助けるような行動により気分良くさせる方法でドヨンを説得することにした。これにジェフンはダイエットするドヨンのためにサラダを作ってあげたり、模擬試験の過去問を解いてあげるなど努力したがドヨンの心は簡単には変わらなかった。

それでもジェフンは諦めず覇気とポジティブなエネルギーで克服した。ガールズグループであるドヨンの心を掴むため、ステージの上のドヨンを誰よりも情熱的に応援したかと思えば、歌に合わせてダンスをする姿はドヨンの心はもちろん、視聴者たちの心まで掴んだ。結局、PPLに成功したジェフンとハンジュは感激した気持ちを隠すことができなかった。

このようにコンミョンは、自分に与えられた任務であるPPLを成功させるため、情熱いっぱいな新入社員として最善を尽くすキャラクターの姿を誰よりも魅力的に演じ、視線を集中させている。ガールズグループのダンスと歌まで完璧にやりきったコンミョンの姿は、彼の無限の魅力が垣間見えた。それだけでなく、新社会人として少しつたないが全てにポジティブで、本人が持つ能力以上のことを引き出すため努力するジェフンを演じるコンミョンを介して、視聴者たちに若くて熱いエネルギーを与えている。

一方、ドラマの最後でジェフンの新たな姿を予告し、好奇心を刺激したJTBC金土ドラマ『メロが体質(原題)』は、17日夜10時50分に放送される。


出処:スポーツ朝鮮