俳優ソ・ガンジュンが2020年新年を迎え、カジュアル衣類ブランドモデルに抜擢された。

9日所属事務所Fantagioは「俳優ソ・ガンジュンがA.TION FASHIONが展開するリファインドカジュアルブランドであるPROJECT Mの広告モデルとして抜擢された」と伝えた。

2016年ローンチしたPROJECT Mは、全国の主要デパートやプレミアムアウトレットなど150以上の流通網を展開している国内を代表するカジュアルブランドで、ソ・ガンジュンを2020年ブランドミューズとして選定し新しい跳躍を準備している。

PROJECT M側は「ソ・ガンジュンは俳優としての誠実な眼差しと都会的な魅力が、ブランドが追求するコンテンポラリーカジュアルとよく合いモデルに抜擢した。PROJECT Mは2020年「もう少し気楽に」というスローガンに合わせ、ソ・ガンジュンと共にナチュラルなムードの広告ビジュアルを標榜する」と明らかにした。

続いて「楽に着れるが、オシャレなスタイリングが可能なブランドのイメージで消費者たちに歩み寄る」とし、「ニューシーズンキャンペーンを始め、広告及び広報イベントなど様々なオン・オフラインマーケティングを続けていく計画だ」と語った。

一方、ソ・ガンジュンは様々な作品を通じてしっかりとした演技力を積み重ねている。昨年はOCNドラマ『WATCHER<ウォッチャー>(原題)』で幅広い演技スペクトラムを見せ好評を得た。最近、タイ、日本、フィリピンで単独ファンミーティングを成功裏に終え、国内だけでなく海外でも高い人気と影響力を立証した。

2月にはJTBCドラマ『天気がよければ会いにいきます(原題)』にてイム・ウンソプ役にキャスティングされ、女優パク・ミニョンと心温まるメロを披露する予定だ。

出処:edaily