俳優イ・テファンが先日1日に放送されたチャンネルA金土ドラマ『タッチ(原題)』でスヨン(キム・ボラ)に対する深くなった感情を表現した。

この日の放送でドジン(イ・テファン)は、自分の10年来の友人でありながら片思い相手のスヨンの「歌手」という夢を実現できるように最善の努力をした。ドジンは新しい会社との契約条件としてスヨンの歌手デビューを提示し、ただひたすらスヨンのため全てのことを密かに準備するドジンの姿は視聴者たちの視線を奪った。

ドジンはスヨンのデビュー確約を受けた後、お祝いするためサプライズパーティーを準備した。しかし、スヨンに予想外の断りを受けたドジンは傷ついた顔で「僕は君のことを考えて、君を笑わせるために君の夢を叶えてあげたかった」と今まで隠してきた本心を告白した。好きな人に自分ができる最高のプレゼントをしようとして断られたドジンの姿は切なさを感じさせた。

今までスヨンに対する愛の感情を隠して親しい友人として近付こうとしたドジンはついに「友人として過ごすのはもうおしまいだ。僕、君のことが好きだ。ますます好きになる。僕のことを好きになってくれないか?」と激揚した言葉遣いで本心を伝え、片思いする男の諦めないストレートな愛を見せときめきをかき立てた。

ドラマの始め「カン・ドジン」というキャラクターの可愛くふてぶてしい姿を完璧に演じドラマに活力を加えたイ・テファンは、回を重ねるごとにますます濃くなるキャラクターの個性と深みのある感情線を細かく描きドラマの魅力ポイントとして位置付けた。また、スヨンに対する止まらない愛を完璧に表現したイ・テファンの「片思い」は見る人々の共感を刺激している。

出処:OSEN