ホジュンの動画を無料で第1話からフル視聴する方法!日本語字幕付き見逃し配信

 

動画はココで見れるよ!

U-NEXT

\31日間無料/

今すぐ視聴する

公式サイト:https://video.unext.jp/

 

 

ホジュンの動画を無料で視聴する方法

どの動画配信サービスがおすすめ?

ホジュンを観るなら、

『U-NEXT』がおすすめです!

ホジュンを無料視聴

今すぐ視聴する

※31日無料期間中の解約は0円

→ U-NEXTの特徴と無料登録・解約方法

U-NEXTはホジュンを無料で見れる?

U-NEXT無料トライアル(31日間)に登録すれば無料見ることができます。

第1話から最終回まで見放題で配信されています。

もし、無料トライアル中に解約する場合も、簡単操作で費用もかかりません。

U-NEXTで無料視聴

今すぐ視聴する

※31日無料期間中の解約は0円

*本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXT以外のおすすめ動画配信サービス

U-NEXT以外では、以下の動画配信サービスでも、無料体験を利用して0円で視聴することができます。

▼無料登録は下記の公式サイトから

TSUTAYA TV

*本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスにてご確認ください。

ホジュンの無料動画情報

動画配信サービスで観る

U-NEXT

安心・安全・広告なし・高画質・高音質♪


動画共有サービスで検索する

YouTube

動画共有サイトでは、公式からPVや第1話が無料公開されている場合があります。その一方で、画質や音声が低品質な非公式動画もあるため、注意が必要です。スマホやパソコンのウイルス感染などを避けるためにも、動画配信サービス等の安全な視聴方法をおすすめします。

2021年テレビ放送予定(地上波・BS・CS)

現在のところ、放送予定はありません。

随時情報が入り次第、更新していきます。

 

放送局:

放送日時:

全○話

 

↓放送局のリスト

NHK BS1
NHK BSプレミアム
BS日テレ
BS朝日
BS-TBS
BSテレ東
BSフジ
BS11(イレブン)
BS12(トゥエルビ)
NHK総合
テレビ東京
テレビ大阪
テレビせとうち
テレビ愛知
テレビ北海道
TVQ九州放送
TOKYO MX
とちぎテレビ
サンテレビ

 

ホジュン 内容

キャスト

キム・ジュヒョク
パク・ジニ
ナムグン・ミン
パク・ウンビン
ペク・ユンシク

脚本

チェ・ワンギュ

ストーリー

地方長官の庶子ホ・ジュンは密貿易と賭博に明け暮れる日々を送っていたが、両班の娘ダヒと恋に落ち、人生を改めようと誓う。巡りついた地で、医師のウィテが貧しい人々に医術を施す姿を見て感銘を受けたジュンは、ウィテに弟子入りを志願する。

出典:U-NEXT

ホジュンを無料視聴

今すぐ視聴する

※31日無料期間中の解約は0円

 

見どころ

1999年に制作された人気ドラマ「ホジュン~宮廷医官への道」を同脚本家がリメイク。患者と誠実に向き合う「心医」としての信念を曲げないホ・ジュンの生きざまに感動。

出典:U-NEXT

ホジュンを無料視聴

今すぐ視聴する

※31日無料期間中の解約は0円

 

ネタバレ・感想

身分制度が絶対の朝鮮時代に両班の庶子として生まれた身分の低いホジュンが、生涯の師匠となる医師に出会ったことで歴史上に名前が残る伝説の医師になる話。歴史ドラマのため放送数は多いものの、飽きることなく見ごたえたっぷりでした。大きくわけで医師になるまでの前半と医師になり王宮に入ってからの後半舞台が変わるけど、常に味方よりも敵が多く、その都度敵となる人物が現れるも自身の力で勝ち上がっていく。そこに欲はなく技術と正義感だけで戦っているから見ていて応援したくなります。

主人公の心が本当に強い!逆境に負けない強さを見ていると、とても励まされました。人に頼まれると嫌と言えない性格がこの物語を面白くする要素の一つです。主人公に理不尽なお願いをする人が多く、それをやり切ることができるのか、毎回ワクワクしながら見ていました。ラブストーリーの要素もありますが、主人公の恋愛に対する考え方が面白く、この物語に引き込まれていきました。主人公の成長を見守る気持ちで最後まで見ていました。

「ホジュン 宮廷医官への道」も見た者として最も注目していたのは、キャストが変わって作品にどう影響するかという点でした。演者が違えば、大きく作品が変わるのではないかと思っていましたが、実際は違和感なく見ていられる作品となっていたので、良かったと思います。前作同様、度重なる試練に耐えるホジュンの心の強さには感心致しました。恵民署へ配属になったり、過去の罪が原因で捕えられたりと、決して楽ではない状況でも、卓越した医術と妻ダヒの献身的な支えで、苦難を乗り越えていく姿に感動しましたし、自分も頑張らなくてはならないと強く勇気づけられる作品でした。また、ホジュンの姿を見て、ユドジやヤンイェスの態度が少しずつ変わっていくのも、印象深いものがありました。記憶に残るシーンは、ヤンイェスが恭嬪の治療をするホジュンに自らの鍼を差し出したシーンです。ホジュンの姿勢に一目置いていることがよく分かる場面で、印象的でした。

ホジュンの少年時代は、韓国の演技大賞を総なめにした、コ・ドゥシムの母親役が涙、涙の好演でした。ホジュンはその母親とともに、故郷から脱出するのですが、その行く末は身分証をもたないがゆえに悲惨なものになります。

その脱出の途中で巡り合ったのが、生涯の伴侶、ダヒでした。ダヒは何があっても夫を信じ抜きます。まさに献身的でしかも気高さをあわせ持っているのです。夫ホジュンを見つめるまなざしは、このドラマの見どころのひとつです。

見どころといえば、ひそかにホジュンを慕うダヒの恩人、イ・ジョンミンの処刑のシーンです。ホジュンの盟友でもあるジョンミンの死は衝撃的でした。しかも、ダヒは知らずに毒杯を運んでいたのです。ジョンミョンは胸の中でダヒへの想いを伝え、大声で父への想いを伝えました。

そんな友の死をのりこえたホジュンは、御医としてだけではなく、王の心の支えともなっていました。ホジュンは御医の座をあっさりと辞したあとも、国の為疫病を沈めに行きました。そして、自分の命と引き換えに、子供たちを救うのでした。

主人公、ホジュン役のキム・ジュヒョクは、近年交通事故で亡くなりました。

・・・悲しくてなりません。なぜなら、私が断トツですきなドラマは「プラハの恋人」だからです。

この作品の見どころは大きく分けて2つあります。

1つ目は、時代背景です。物語の途中から豊臣時代の日本との戦が始まり、ホ・ジュンをはじめ王族も人民も豊臣軍からの敗走が始まります。韓国側からの視点とはいえ当時の戦の悲惨さとそんな状況の中で彼が立てた功績がどれほど困難であったのかがよくわかります。

2つ目は、ホ・ジュンを軸にしたダヒとイェジンの関係です。2人ともホジュンのことを慕うライバルのような立場にもかかわらず、物語の中で相手を非難することは決してありません。それどころかどこか自分が一歩引いて相手を立てているようにさえ見えます。ダヒは自分には分からない医学の分野で夫を支えてくれているイェジンに感謝し、イェジンは身分の壁を越えてまで一緒になったダヒのこと尊敬しています。そして、2人の健気さにホジュンの鈍感さが加わることで、全く進展をしない恋愛でも人の心を動かす力を持っていることに気づき驚くことでしょう。

貧しい家に産まれたホジュンが薬草取りをしながら、病院で薬草、病気の勉強をして医者になりたいと思う様になり、その後、人体を切って手術をする方法が有る事を知り、ホジュンは次々と病人達を救って、一度は王様お付きの医者にまでなりましたが、本当に治療を必要としている貧しい人達の為に進んで治療を行う、民間医療の鑑だと思いました。

科挙会場に向かっている途中でも病人を治療しようとするくらい目の前の病人を放っておけない場面では、科挙に間に合うのかドキドキして見ていました。

治療のデータ、記録を残す姿勢はカルテでもあり体系的な医療にも通じる大切なことだと思いました。

ライバルのドジがホジュンを認め、徐々に改心していく姿勢に、ホジュンがドジの心療をしたような思いがして、少しずつ良い気持ちで観ることができました。

実は、ユン・シウン好きの私が、彼主演の「魔女宝鑑」を見て、韓国の名医ホジュンという人がどんな人なのか知りたいと思ったことが、この大長編ドラマを見るきっかけでした。以前から、タイトルと大長編時代劇であることは知っていましたが、正直、始めは、ホ・ジュン役のキム・ジュヒョクを存じ上げていなかったし、地味な俳優さんに思えたので、見ようと思っていなかったのです。そして、若いころの荒くれ者の設定は、地味なイメージが邪魔するのか、無理があるように思えましたが、子供の時の境遇や何故、ホ・ジュンが、荒くれとして育ったのか、大変細かく描かれていたので、ストーリーに引き込まれいつの間にか、夢中になって観てしまいました。やがて、大人になり、名医の弟子となってからも身分が低いながらも腕がよかったホ・ジュンは、周りの同僚や生涯のライバルとなる先輩弟子ユ・ドジ(ナム・グンミン)とも出会います。私は、ナム・グンミンは、ライバル役には右に出る役者はいないと思っていますので、最後の最後まで、身分の高い医者として、ホ・ジュンを困らせる存在なんですが、でもその切ないばかりの敵ぶりは、話を盛り上げてくれる存在です。そして、その師匠が、自身の寿命を知ったとき、ホ・ジュンのために、死後、自分の体を解剖するよう言い残すのですが、このシーンは、師匠のホ・ジュンへの命を懸けた指導や、その師匠を自らの手で解剖するときのホ・ジュンの気持ちを思うと、大泣きしてしまいました。
そのあとも、数々の困難に合いながらも、医者としてどんどん出世していくホ・ジュン。やがて、両班の娘と結婚することとなりが、当時はそれ自体、犯罪になるため、それを乗り越える大恋愛という意味では、男中心の時代劇の中で、花を添えているエッセンスでした。また、ホ・ジュンが、始めに針を教わった女医(パク・ジニ)が、やはり最後まで、ホ・ジュンに恋心を抱くも、思いをかくしながら、ホ・ジュンを助けていく姿には、奥様が居るけど、こちらの恋も成就させてあげたい!という複雑な心境になってしまった。
そして、医官になってから、一番、大泣きしたシーンは、何が原因だったのかは、はっきり思い出せないのですが、宮廷内の廊下を何千回も往復し、体力が尽きるまでやり遂げる懲罰。その、理不尽さとホ・ジュンの医師の強さに感動したことは覚えています。
もちろん、ホ・ジュンの最後は、疫病の治療に行った村で、自らも感染したことに気づきながら、村人に少なくなった薬を渡してしまい、自らの命を落としてしまううところは、じれったいほど、何でよ!なぜ、渡しちゃうのよ!と悔し泣きをしてしまいました。
全体の話は、どちらかというと男性向きのサクセスストーリーでした。でも韓国時代劇が好きな方は、韓国時代劇の医療ドラマのすべての根源にこの、ホ・ジュンが出てくるので、このドラマを制覇することを、お勧めします。

庶子として生まれたホ・ジュンが、紆余曲折を経て王の主治医となるまでのストーリー。
有名な「ホ・ジュン宮廷医官への道」のリメイク版であるが故に比べられてしまうことがよくありますが、私はこの作品も好きです。
ホ・ジュンを支える妻。女医イェジンとの同志愛。
イェジンにもう少し凛としたものがあれば良かったかも。関係性が少し中途半端な感じがしました。
主人公は選択を迫られる場面が多いのですが、ためらいながら逡巡する様子が誠実で好感が持てました。
長編ドラマですので、エンデイングは万感胸に迫るものがありました。
演じた俳優さんがお亡くなりになったので余計かもしれません。
中だるみもなく飽きずに見続けることができます。王道なので年配の方にもおすすめです。

父親(ホ・リュン)の側室の子供として生まれたホ・ジュンは、父親の跡を継ぐと思いますが叶わないことと悟ります。喧嘩やお酒と荒れる日々、密輸貿易と法に触れる仕事をして逮捕されてしまいますが、身分を変えて生き延びます。母親と最愛の人イ・ダヒと新たな土地で生活します。師匠ユ・ウィテから医術を教えてもらって医者として生涯を終えますが、弟子になるまで長い時間がかかったり、兄弟子たちから陰湿なイジメにあったり、宮廷の医者として入りますが後継者争いに巻き込まれたりと波乱万丈な人生です。かなり荒れていたホ・ジュンでしたが、師匠との出会いと医者になるとういう夢を持つことから、人が180度変わりますのでビックリです。途中、師匠が病気で自害してしまう辺りは泣けてしまいました。長編ドラマですけれども見応えがあり、飽きることなくドラマに夢中になってしまいました。

ホジュンを無料視聴

今すぐ視聴する

※31日無料期間中の解約は0円

© 2021 キムさんのおすすめドラマ|映画・ドラマの動画無料視聴まとめサイト